CELESTIAL BLISS BLOG

2019/02/17

立春

まだまだ寒さを感じる季節ですが皆様いかがお過ごしですか?

2月は日本では和風月名で如月「きさらぎ」です。

もともとは「衣更着(きさらぎ)」という漢字で、

「寒さが厳しく重ね着をする(衣を更に着る)季節」という意味があったという説が有力です。

ほかに、天気が良くなり陽気が更に増すので「気更来」「息更来」、

春に向かって草木が生え始めるので「生更木」、

お正月に迎えた春が更に春めいていくので「来更来」という説もあります。

(いずれも読み方は「きさらぎ」です)

また、草木の芽が張り出す月ということで「草木張り月(くさきはりづき)」が

「きさらぎ」に転じたという説があります。

「如月」という漢字が当てられたのは、

中国の2月の異名「如月(にょげつ)」が由来しているそうです。

「如月(にょげつ)」には、寒い冬が終わり春に向かって

万物が次第に動き始めるという意味があります。

皆様の周りでも日々の生活の中にたくさんの四季の変化を見つけて

春に向けて動き始めましょう!


記事一覧へ