CELESTIAL BLISS BLOG

2015/06/13

『蛍』

綺麗な花に癒される話題が続きましたが、今回は光に癒される

スポットをご紹介したいと思います。

梅雨が始まる6月といえば、皆様は何を思い浮かべますか?

この時期にしか見られないものがあります。

『蛍』です。



ホタルは、世界におよそ2000種が生息しているといわれています。

日本でホタルといえば、本州以南の日本各地に分布し、

5月から6月にかけて孵化する【ゲンジボタル】を

指すことが多いです。

京都の下鴨神社ではホタルの鑑賞ができます。

下鴨神社は京都市左京区にある世界遺産の神社です。

鑑賞できる場所は、境内にある糺の森を流れる川の畔です。

時期は6月上旬から中旬、雨の日以外の20時〜21時が

オススメです。

また、ホタルの放流イベントも本日、13日に開催されます。

御手洗池に約600匹のホタルが放流されます。

ホタルの鑑賞会ですので捕まえてはいけませんが、この日限定で

『蛍の輝守』というホタルのお守りが授与されます。

暗闇の中でお守りのホタルが光るもので、数量限定となるようです。

これは、自らの能力を発揮させるご利益があるそうです。

雨で憂鬱になりやすい時期ですが、ホタルの光に癒されて楽しい時間を

過ごしてみてはいかがでしょうか?

2015/06/03

『川床』

春の美しい桜が散り、また新しい顔を見せる古都京都。

体感温度も丁度良いこの季節に、

普段の喧騒した毎日にふと一息・・・

由緒あるお寺めぐり、哲学の道、竹林・・・

名所を巡るのも良いですが、今日はこの季節ならでわの

貴船の『川床』を御紹介したいと思います。



貴船の『川床』の始まりは、大正時代に行社さくらが涼む為に

川で一服する際、小さな床机に腰をすえて足などを洗っている所に

お茶や食事を出し、おもてなしをしていたのが始まりだと。

言われています。

そして、今日も昔ながらの床机を敷き並べたスタイル

を続けています。



手を伸ばせば水に手が届く、川の真上に床机を敷いた

お座敷で、貴船ならでわの涼やかな空間を楽しめます。

是非、皆様も普段の食事に、京都らしさをプラスして

楽しんでみてはいかがでしょうか?

これからの季節はホタルも見れるかも・・・