CELESTIAL BLISS BLOG

クリスマスの時期となり街も華やかになってきましたね。
当社では毎年クリスマスツリーを飾っております。



そして、この時期に目にするのがポインセチアのお花ではないでしょうか?




これは、クリスマスの星と関係があります。

この赤と緑の美しい花は、メキシコや中南米の花として知られています。

メキシコに住む信者達は、いつもその花の形がクリスマスの星の形と似ているところから、
クリスマスになるとポインセチアを飾るようになりました。

しかし、これは一九世紀にメキシコ人でアメリカの大使として活躍した「ジョエル・ポインシェット」がこの星の形をしたポインセチアを大変気に入り、ある時自分の故郷メキシコにその花を贈ったのをきっかけに、世界中に知られるようになったのです。

彼の名前をとって、ポインセチアと名づけられ、クリスマスになるとあちこちで見られるようになったのです。

そして、ポインセチアの花言葉は「祝福する」「聖なる願い」「私の心は燃えている」です。
真っ赤な色が情熱的で燃えるようなイメージだからです。
燃えるような赤色は、クリスマスには熱い愛情表現にもなりますね。

そんなポインセチアのお花を今年のクリスマスには飾ってみてはいかがでしょうか?